エアシリンダの片ロッドと両ロッドの違いとは?

片ロッドと両ロッド

エアシリンダには様々な仕様が存在しますが、その中でロッドタイプの仕様として片ロッドタイプと両ロッドタイプがあります。

片ロッド、両ロッドの違い、そして両ロッドと混同しやすい背合わせ形との注意点、加えて両ロッドの豆知識を含め説明していきます。

エアシリンダのロッドとは

ロッドとは、エアシリンダの動作するシャフト部分のことです。

ロッドとは

ロッドが駆動することにより、物を押して移動させたり、押付けて圧入したりといった自動作業ができるようになります。

シリンダといえばロッドが付いてますよね。

参考までですがロッドがないシリンダもありますよ。

ロッドがなく、スライダが駆動するエアシリンダのことはロッドレスシリンダと呼ばれます。

ロッドレスシリンダ

片ロッドタイプ

片ロッドとはシリンダの片側からのみロッド側出ているタイプです。

片ロッド形

よく見る形状ですね。

エアシリンダの基本形状です。

これがエアシリンダのごく標準的な仕様であり、ほとんどの場面ではこの片ロッドタイプが使われます。

両ロッドタイプ

両ロッドとはシリンダの両側からロッドが出ているタイプです。

両ロッド形

これはあまり見たことない形ですね。

あくまでも両ロッドはオプション仕様です。

両ロッドはどちらかと言えば特殊な仕様です。必要な時のみオプションで選びましょう。

両ロッドと背合わせ形の間違え注意

また、両ロッドと背合わせ形は混同しやすいですが異なる仕様ですのでしっかりと区別しましょう。

背合わせ形と両ロッド形

ちょっと違うけど…見た目はほぼ同じ?

似てるけど別物です。動きも違うので間違えないように。

背合わせ形は片ロッドタイプのシリンダ2本が背合わせにして一体になっているものです。そのためそれぞれのロッドが独立した動きをします。

背合わせ形はピストンが2つ

両ロッドは1本のシリンダの頭側にもお尻側にもロッドが出ているタイプです。動きは連動するため、片側が押し出せばもう片側は引き込みます。

両ロッドはピストンが1つ

外観は似てるので間違えやすいですが動きが違うので注意しましょう。

両ロッドは中空穴仕様ができる

参考にですが、両ロッドの場合は構造上、ロッドに中空穴を空けることが可能です。もし片ロッドで穴を空けるとエアが駄々漏れになりますが、両ロッドではその心配がありません。

両ロッドは中空穴が空けられる

なるほど!でも特注ですよね?

そうですね。対応可否はメーカーに相談してください。

中空穴を空けて配管や配線を通したい、または液体を流したいなど変わった要望があるときは両ロッドで検討してみましょう。

ただし、対応できるかどうかはメーカー次第ですので確認してから検討を進めるようにしてみてください。

まとめ

片ロッドと両ロッドの違い、このような基本的なエアシリンダの知識でも意外と知らないこともあります。というのもエアシリンダを含めた空気圧機器のオプション仕様は多岐にわたるため知識に抜けがあってもおかしくありません。

そのような時にパッと確認できるツールとしてFABOXの利用が便利です。空気圧の基礎知識や技術計算などが集約されており、目的の内容も見つけやすいサイトレイアウトになっています。FABOXの概要は以下記事より。

空気圧機器の基礎学習をしたい方や気になる方は一度確認してみましょう。

エアシリンダ

Posted by Takumi