鍵

玄関への防犯対策

防犯対策の1つとして、鍵交換がある。特に防犯性の高いものとして、電子鍵の導入がある。これらでは、穴が無いためピッキングでのこじ開けはできなくなる。また、生体認証などを活用したものであれば本人しか開けることもできない。

防犯カメラ

セキュリティの基礎知識

一般家庭や企業が防犯カメラを購入する場合には、業者のアドバイスも参考にして、最適な設置プランを見つけることが重要です。費用を節約したいときには、通販サイトで防犯カメラを購入することも可能であり、人感センサーライトも導入するのが理想的です。

男性

治安改善に繋がります

監視カメラはデジタル化してパソコンで管理できるようになり、スマートフォンのアプリとの連動で手軽に綺麗な画像を確認することができるようになりました。公共施設では犯罪や事故の証拠といて使用されたり、交通事故の状況を保存うるためにドライブレコーダーも普及してきています。

鍵

住宅の形状に合った商品

外出先で大切な鍵を紛失したり、住宅の防犯性を高めたい人は、専門業者に依頼して鍵交換をしてもらいましょう。不正解錠がされにくい防犯性の高い商品が販売されています。希望の日時に訪問をして、取り付け、交換に対応しています。

女性

仕様用途が広がります

防犯カメラは使用用途の幅が広がり、企業だけでなく一般家庭でも気軽に取り入れられる機能が増えています。パソコンやスマートフォンがあれば外出時でも室内の状況を確認できたり同時に多店舗の状況を監視する機能が付いているので、社員のスキルアップで利用したりペットの見守りに役立てる人も増えています。

カメラによる防犯対策

防犯カメラ

カメラの選び方

住宅の防犯対策として効果的なのが監視カメラの設置です。最近では様々な監視カメラが市販されており、専門業者に頼まなくても自分でカメラを取り付けることができるようになっています。もちろん、専門の警備会社を通して設置するほうが適切な場所に適切な監視カメラを取り付けてもらうことができますので、防犯対策としては万全になります。ただ、費用的にも高くなりますので、必要に応じて自分で監視カメラを取り付けることも検討することが大切です。監視カメラを選ぶ場合には、その用途を明確にすることが大切です。侵入者が来る可能性が高い場合やレベルの高い防犯体制にしたい場合には、それなりの台数を随所に設置する必要がありますので、個人で行うよりも専門業者に依頼するほうが確実です。特定の個所に設置して監視したいという目的であれば、確実に映像を録画できるように解像度が高く夜間でも撮影できるタイプのものを選ぶ必要があります。カメラによっては動くものを感知した場合だけ撮影するものもありますが、確実に録画したいのであれば録画しっぱなしにしておく方がいいでしょう。単に防犯目的で監視カメラを設置したいということであれば解像度や性能にはあまりこだわる必要はありません。ただし、犯罪を未然に防ぐ必要がありますので、犯人が心理的に侵入を諦めるような場所を選ぶことが重要になります。裏口や駐車場付近など侵入の足掛かりになるような場所に設置することが大切です。

Copyright© 2018 家の防犯対策として監視カメラを設置【製品を選び方を伝授】 All Rights Reserved.