耐熱仕様のエアシリンダで高温の悪環境でもOK!SMCとCKDの対応機種も紹介

耐熱シリンダとは

2023年2月1日

自動機械の重要な役割の一つとして、人が作業できない環境でも仕事ができることが挙げられます。100℃を超える高温環境でも安定して稼働できなければなりません。

そのため自動機械に使用されるエアシリンダも高温で使用できるものが必要になります。標準シリンダは大体〜60℃の耐熱がスタンダードですので、耐熱仕様のエアシリンダが使われます。

本記事では、耐熱エアシリンダについてその仕様、耐熱温度と主要メーカーの対応品について紹介します。

エアシリンダの耐熱仕様

標準のエアシリンダは高い熱がかかると、早期にエア漏れの不具合が発生します。

Left Caption

なぜ熱でエア漏れが発生するのでしょう?
Right Caption

タクミ

パッキンやグリスが劣化するからですよ。

標準のエアシリンダは大抵の場合、パッキンはニトリルゴム、グリスはリチウム系のグリスを使用しています。これらの材質は通常の環境であれば耐久性も良く、コストも安いため汎用的に使われていますが、高熱には弱い特徴があります。

ニトリルゴムは高温化では物性が低下することにより摩耗が早まり、リチウム系のグリスは油分が揮発して潤滑性を失うため、早期に劣化しエア漏れを引き起こすのです。

Left Caption

ではどんな対策が必要なのですか?
Right Caption

タクミ

熱に強い材質に変えましょう。

エアシリンダを耐熱仕様にするとパッキンはフッ素ゴム、グリスはフッ素系のグリスが使用されます。この変更により多少コストはUPしますが、100℃を超えるような高温環境下での耐久性は確実に向上します。

エアシリンダの耐熱温度

Left Caption

耐熱仕様にすることで何℃まで使用できるのですか?
Right Caption

タクミ

150℃までを保証するメーカーが多いですね。

標準のエアシリンダの最高使用温度はメーカーや機種にもよりますが60℃までを保証とするケースがほとんどです。耐熱仕様は120℃までのタイプや150℃までのタイプなどありますが、概ね150℃が上限となっています。

オートスイッチの耐熱温度

エアシリンダ本体を耐熱仕様にして熱対策をしたとしても、標準のオートスイッチは高温化では使えないため搭載できません。

Left Caption

オートスイッチの搭載は諦めるしかないですか?
Right Caption

タクミ

オートスイッチにも耐熱仕様がありますよ。

高温環境下ではオートスイッチも耐熱仕様に変更する必要があります。全てのシリンダに対応しているわけではないため、オートスイッチを高温環境で使いたい際は、耐熱仕様を搭載できるシリンダを選定するようにしましょう。

SMCの耐熱シリンダ一覧

SMCの耐熱仕様に対応しているエアシリンダの機種一覧です。

品名シリーズ名
薄型シリンダCQ2
ピンシリンダCJP2・CJP
エアシリンダCJ2-Z
エアシリンダCM2-Z1
エアシリンダCM2
エアシリンダCG1-Z1
エアシリンダCG1
エアシリンダMB
エアシリンダMB1

CKDの耐熱シリンダ一覧

CKDの耐熱仕様に対応しているエアシリンダの機種一覧です。

品名シリーズ名
スーパーコンパクトシリンダSSD2
スーパーコンパクトシリンダSSD
ペンシルシリンダSCP※3
タイトシリンダCMK2
スーパーマイクロシリンダSCM
セレックスシリンダSCA2
セレックスシリンダSCS2
ガイド付シリンダSTG
ガイド付シリンダSTS・STL
セルトップシリンダJSC3・JSC4

まとめ

エアシリンダを使用する自動機械を運用する上で、特殊な環境に対応しなければならないことは多々課題として出てきます。

今回はその中で高温環境でのエアシリンダ対応品について紹介しました。電磁弁やフィルタ、レギュレータ関係は特に耐熱仕様というものはなく、熱がかからない箇所に設置するようにしてください。

本記事を参考に、エアシリンダの耐熱仕様品がなぜ必要なのか、どのような変更点があるのかなども知識として取り入れ、環境に合ったものを選定するようにしていきましょう。

エアシリンダ

Posted by Takumi