治安改善に繋がります

男性

自分や家族の身を守ろう

監視カメラは店舗やマンション、駐車場など、公共の場所で使用することで犯罪やトラブルを抑止する働きがあります。画質や使いやすさも向上し、最近では一般家庭でパソコンやスマートフォンを使った監視カメラを利用する機会が増えています。高齢になった両親が離れた場所で生活している時、体温で動きを感知する監視カメラを利用すると、プライバシーを保ちながら室内での動きを確認することができます。また、一人暮らしの人がペットを飼っている場合、外出先からペットが元気でいるかスマートフォンのアプリと連動して監視カメラの映像を見ることができます。監視カメラはパソコンで管理されていて、遠隔操作によりカメラの角度を変えたり、マイクから話しかける事もできます。また、監視カメラは昼夜問わず継続的に利用することができるようになっています。夜間、LEDにより比較的離れた場所でも光を照らして監視したり、不審者の撃退を考慮して感知すると明かりが付いたり、ブザーが鳴るように設定する事もできます。録画機能もハードディスクの搭載により長時間録画が可能になり、事故や事件発生時に重要な資料になるケースもあります。犯罪抑止力として商店街や公共施設で積極的に利用されるケースも増えています。見守ってくれる人がいると治安も良くなり、住みやすい環境を整えてくれます。車の事故状況を保存するためにドライブレコーダーを設置する人も多くなり、自分の身を守るために上手に活用していきましょう。

Copyright© 2018 家の防犯対策として監視カメラを設置【製品を選び方を伝授】 All Rights Reserved.